Loading

wait a moment

乾燥肌を改善する5つのポイント教えます!これであなたも潤い美肌に!

乾燥肌に悩んでいる人必見の改善方法。冬は特に乾燥が進む時期ですが、乾燥肌の人は年中つらい問題です。潤い不足で、肌のダメージも大きくなる時期には特に気を付けたいカサカサ対策。悲鳴を上げている人におススメの効果的な方法を調べていきます。

つらい乾燥肌をどうにか改善したい

冬になると湿度が低下し乾燥に悩む人は多くいます。しかし、年中乾燥した肌を実感している人には、肌の乾燥対策はとてもデリケートな問題。

放っておくと肌のバリア機能がどんどん低下してしまい、炎症や皮膚炎などの皮膚疾患も起こしがちになります。そんな乾燥肌を改善するために、生活環境や避ける物、進んでするべき方法を徹底検証!潤いのある肌を目指していきましょう。

そもそも乾燥肌の原因とは?

肌の乾燥やかゆみなどの悩みを抱えている人は、いろいろな対策をしているのではないでしょうか。しかし、なかなか改善しないという場合は、まず「肌が乾燥する原因」をおさえることが大切です。肌の乾燥する原因はいくつか考えられますが、それに合った対策を行うことが大切です。

肌の水分を保持する三大要素の低下

乾燥する原因を知るためにも、肌の構造やメカニズムを知っておく必要があります。

肌には表皮、真皮、皮下組織という層になって出来ています。表皮だけでも角質層、顆粒層、有棘層(ゆうきょくそう)基底層(きていそう)という4層構造で出来上がっています。

肌の水分量を持するためには、皮脂量、天然保湿因子、角質細胞間脂質の3つがバランスよく保たれる必要があります。

皮脂量は適度な油分ですが、天然保湿因子はターンオーバーに大きく関わります。そして一番水分の保湿に関わるのが細胞間脂質です。

この細胞間脂質が一番多く含まれるのが一番表面の角質層。肌の水分を保持するセラミドを主成分とした成分が含まれていて、角質細胞同士をつなぎ合わせています。これらが水分の蒸発を防いで外からの刺激をブロックしてくれます。

これらが減ることで水分保持が保てなくなり、乾燥が進んでしまいます。

間違ったスキンケア

乾燥肌の人はスキンケアが間違っている場合も多くあります。乾燥するからと、化粧水などの水分だけを与えていたり、洗顔によって必要な油分まで取り去ってしまうなどしている場合には、意外とこれらの対処だけでも乾燥を軽減することができるのです。

汚れを取ることばかりに気を取られて、クレンジングのし過ぎに心当たりはありませんか?必要な油分さえも無くしてしまうので、過剰なクレンジングは止めておきましょう。また、オイルタイプのクレンジングは肌に負担もかかってしまうので、オイルよりもクリームやジェル、最近では水タイプもあるので変えてみてもいいかもしれません。

洗顔も、しっかり泡を立てて顔全体を軽く包み込み、短時間で済ませましょう。この洗顔でも必要な油分をなくしてしまうので、長時間泡に肌をさらすのはやめておいた方がいいです。

食事

簡単なファストフードなどをよく食べる人は、栄養の偏りに注意してください。肌の成長やターンオーバーに必要な成分がきちんと取れていないと、肌が正常に機能することも不全になり、キレイな肌を作ることも出来なくなります。

タンパク質は肌や体を作る基本。それだけでなく多くの栄養をバランスよく取るような食事を心がけましょう。

食生活

食事は一日に3回程でバランスよく食べたいものです。しかし、日ごろからカフェインをよく摂取する人は、少し控えた方がいいかもしれません。

カフェインには、体を冷やしてしまう効果があります。血行が悪くなることで、肌の代謝を下げてしまうのです。肌だけでなく体自体の基礎代謝を下げることにもなるので要注意です。ファストフードにも脂質が多く、血行が滞って肌の代謝を下げてしまいます。

体に良いとされる野菜も、取り方によっては体を冷やしてしまうので、食べ方などにも工夫が必要です。

生活習慣

どれだけ乾燥に気を付けていても、生活する環境で肌にダメージを与えている場合があります。よくあるのが、エアコンなどの空調によって肌の水分を奪ってしまう場合です。

この場合には、会社などで自分だけのために空調を調節するわけにもいかなくなります。そんな時には、こまめな肌への水分補給をすることで対策してみましょう。スプレータイプの化粧水などを使うのも保湿には役立ちます。また、体の中からも水分を補給できるように、水分を取ることも重要です。

睡眠不足も肌には悪影響です。眠ってから3~4時間ほどで成長ホルモンが分泌されるのですが、あまり睡眠時間が取れていないと、成長ホルモンを分泌する時間を与えてあげられなくなります。

入浴も意外と水分が蒸発しやすい環境です。お風呂上りにはすぐに水分の補給をするように気を付けておきましょう。

 

【乾燥肌改善方法その1】保湿ケア

保湿ケアに欠かせない基礎化粧品。どんな成分が配合されているものを選ぶべきなのか、また、その成分はどのような効果を持っているのか、知識を持って選んでいくと自分の肌の質に合ったものを見つけることができるかもしれません。

宣伝だけのイメージに流されないように、成分と効能を知っておきましょう。

 

化粧水

乾燥肌の人が選びたいのは、やはり「乾燥肌用」「しっとりタイプ」です。

保湿成分が入っている、ヒアルロン酸、アミノ酸、セラミドの配合されているものは保湿能力が高くなっています。

ヒアルロン酸は保水能力に優れていて、1グラムで6リットルもの水分を保持できます。ムコ多糖類という物質で、ねばねばしているのが特徴。皮膚の表皮や真皮など、体のあらゆるところに存在しています。しかし、年齢によって量が低下するために肌などの乾燥が進みます。

アミノ酸には、肌を保湿する働きがあります。アミノ酸は肌の代謝を活発化し、天然保湿成分を生み出します。また、コラーゲンはアミノ酸の集合体です。乾燥だけでなく美肌効果のためにもとても重要な成分です。

セラミドは肌の角質層に存在していて、バリア機能を持っており、潤いを保ったり紫外線などのから肌を守っています。角質層の80%以上はセラミドを含む細胞間脂質で成り立っています。この成分が不足すると乾燥が進んでしまいます。

このようなことから、成分別に化粧水を選ぶ場合には、保湿や水分保持の能力が高い内容のものを選ぶようにしてみましょう。

クリーム

化粧師だけでは保湿は完了しません。あまりにも油分を取りすぎるのも酸化の原因になりますが、肌の保湿を保持できる成分を多く含んだ製品を選ぶようにしましょう。

セラミド入りクリーム

保湿成分の中でも、高い保湿力を持つセラミドは、単体で使っても角質層には浸透しにくいため、乳液やクリームタイプのものが効率よく扱えます。

また、配合量によって値段も変わってきます。あまりにも安価な場合には配合量がごくわずかだとも考えられるので、注意して選んでください。

ワセリン

肌への刺激がほぼないので、安心して使うことのできる成分です。肌の内部への浸透もないために、表面的に乾燥を防いだりカバーするには最適の成分。化粧水で内部に与えた水分を閉じ込めるにも、効果があります。

乳液よりも保湿成分の高いクリームですが、それぞれにどれくらいの保湿力があり、自分に合っているのかを確かめるには、使用してから数時間後の肌のコンディションを確認しましょう。

乳液で数時間後に肌のツッパリが気になるようなら、クリームを追加するなどしてみると自分の肌のタイプで変えてみるのもおススメです。

順番は油分の少ないものから、化粧水、乳液、クリームになります。与えすぎは肌の酸化を進めるので、自分に合った適量を探し出してください。

【乾燥肌改善方法その2】スキンケア方法

クレンジング

スキンケアの中でもクレンジングは、化粧品を肌から落とすために油分を過剰に取り去りがちです。角質層にダメージを与えやすいクレンジングを見直すことも乾燥肌を保護することにも繋がります。

擦ったりしないタイプのクレンジングを使うようにし、用途によって使い分けるなど洗浄力の違いを活用しましょう。ウォータープルーフのマスカラなどは強い洗浄力が必要になりますが、出来るだけピンポイントで使うようにして、他のパーツに影響しないように使うことも重要です。

洗浄力の強いクレンジングは、同時に肌のセラミドも浮かして落としてしまうので、短時間で済ませるように心がけてください。

洗顔

乾燥肌で悩んでいる人のうち、最も多く間違った認識を持っているのが洗顔です。中には化粧の成分が残ったままになっているなど、洗顔後のケアにも影響を与えています。

また、洗顔の水温などでも、皮脂や化粧品が残っている状態を作り出してしまいます。このような状態を続けると、肌の乾燥を進めてしまったり、シミやシワの原因にもなってしまいます。

基本は人肌のぬるま湯で洗顔しましょう。熱すぎると肌の必要な油分も落としてしまいますし、低すぎると皮脂や化粧品が落ちない原因になります。

スッキリと洗いたい一心で過剰に洗浄するのは、乾燥を引き起こす原因になります。乾燥肌に悩んでいる人は、朝晩の洗顔を一回に変えてみるのもいいかもしれません。

夜は化粧品などを落とすために短時間のクレンジングと洗顔を。この際も毛穴を人肌のお湯で開いてから洗顔すると、いつもより軽く済ませることもできて、必要な油分を残すことができます。

朝には就寝中に出た皮脂を落とすだけで十分なので、ぬるま湯ですすぐだけにしてみると乾燥肌の対策としても有効です。

保湿

クレンジングや洗顔で油脂をはぎ取られた肌は、自前の回復機能もあって自力で油分を出し、保湿しようと働きます。しかし、その保湿機能を自然に任せていては乾燥が進むために、乾燥する前に保湿を補助する必要があります。

洗顔の後にすぐ行いたいのが、化粧水での水分補給。この際に、コットンでのパッティングよりも手のひらを使ってのハンドプレスの方が、効率よく保湿することができます。

手のひらで体温ほどに温めた化粧水は肌に馴染みが良く、しっかりと肌に浸透させることもできます。乾燥肌の人は特にこの点に注意し、パッティングで肌にダメージを与えることなく、人肌に温めた化粧水をしっかり手のひらで、押し込むように使ってみてください。

化粧水、乳液、クリームも、乾燥肌に人は保水成分が入った物を選んで使うようにしてください。

メイク

乾燥肌の人がメイクに悩んでいる点は、カサカサと粉を吹いたようになり仕上がりが悪いといった点ではないでしょうか。

乾燥肌の人はメイクの際にも保湿に気を使う必要がありますが、基本的なベースとなる下地を見直すことで乾燥を軽減できるかもしれません。

化粧下地は、メイクのノリだけでなく、肌をファンデーションの成分から守ったり肌のキメを整えたりと、とても重要な効果があります。また、紫外線対策にもなり、肌をダメージから守るためにも下地はとても重要なメイクの一つです。

毛穴を隠したいために、過剰に塗り込んだ使い方は乾燥肌を進めることになるので控えてください。軽めにポンポンと叩き込むようにして顔の内側から外側に向かって伸ばしていきます。

量も多すぎると毛穴を詰まらせたり、角質層にも影響を与えるので適量を守りましょう。多く顔に乗りすぎた場合には、ティッシュなどで軽く抑えると過剰な油分を取り去ることができます。

【乾燥肌改善方法その3】食事

乾燥に効く栄養素と食材・食べ物

乾燥だけでなく、肌に良い成分をバランスよく取るのが大切です。肌に良いと言われる成分は多くありますが、代表的な栄養素としては、ビタミン類(A、B、C、E)やセラミド、α-リノレン酸や亜鉛などが乾燥にも良い成分と言えるでしょう。

ビタミンA

皮膚や粘膜の保湿を維持し、新陳代謝を活性化させる。

レバーや青魚(サバ、イワシ)、卵、乳製品、緑黄色野菜、わかめ、緑茶などに多く含まれる。

ビタミンB

肌に炎症を抑え、新陳代謝を活性化させる。

レバー、豚肉、卵、納豆などの大豆食品に多く含まれる。

ビタミンC

コラーゲンを作りやすくし、酸化を防ぐ。

レモンなどの酸っぱい成分。野菜などにも多く含まれる。

ビタミンE

血行を良くし、肌の新陳代謝を活性化させる。老化防止の抗酸化作用が高い。

ナッツ類(アーモンドなど)、大豆食品、アボカドなどに多く含まれる。

セラミド

角質の水分を保たせて、ダメージから守る。

豆類の食品、ひじき、わかめ、こんにゃくなどに多く含まれる。

α-リノレン酸

細胞膜を作る原料で細胞分裂を助ける。セラミドの原料にもなる。

アマニ油、エゴマ油などの油類に多く含まれる。

亜鉛

細胞分裂に必要となる酵素を動かす助けをする。

赤身のや卵黄、タラコ、特に牡蠣には多く含まれている。

控えたい食べ物や飲み物

乾燥に効く食材を取るだけではなく、乾燥を引き起こさないように、控えたい食材もあります。

炭水化物や糖質、脂質

日常生活で多く接触する炭水化物。パスタやごはん、うどんなどの炭水化物の多い食事には、肌に必要な栄養素が不足する原因にもなります。また、炭水化物に含まれる糖質や脂質を消化するためにビタミンB群が多く使われるので、肌に届く前に消化してしまう可能性があります。

添加物

肝臓では、有害とされる成分を分解し、無害化する大切な働きをしています。ということは、添加物などの有害と判断される成分を多く摂取すると、肝臓に負担をかけることに。

そこで必要な栄養素を過剰に使用することで、肌に必要な栄養素がうまく肌まで行き渡らずに、乾燥や肌荒れを引き起こします。

冷たい飲み物や食べ物

内臓を冷やしてしまい、血行が悪くなる原因になります。血行が悪くなると、体の代謝が下がり、栄養素をきちんと体の隅々まで届けることができません。冷たい飲料や食べ物は控えめにしてみましょう。

カフェインやお酒

コーヒーや紅茶などに多く含まれるカフェインは、利尿作用が高く必要なビタミンやミネラルを通常より早く体の外に出してしまう効果があります。

また、お酒にはビタミンCやビタミンEの働きを鈍くしてしまいますし、アルコールの分解時に大量のエネルギーと水分を使用するので、肌の水分などを補給しにくくなり乾燥が進みます。

【乾燥肌改善方法その3】サプリメント

プロテイン

食事などからのタンパク質の摂取は、体だけでなく肌に必要な栄養素もトータルで摂取できます。食事によって卵を食べると、ビタミン類や亜鉛、鉄分などとタンパク質以外の栄養素も取り込むことができます。

しかし食事が不規則だったり、必要なタンパク質が取れていないと感じた場合には、不足分を補うものとしてプロテインのパウダーなどで補給するのも効果的です。

糖分や添加物の配合のないプロテインを選ぶことで、体に負担をかけることなく必要な栄養素を補給することができます。

オメガ3系脂肪酸

基本的には食事から摂取することが多いオメガ3系脂肪酸ですが、魚が苦手であまり口にしない人や魚を食べる環境にない人は、サプリメントなどでこの栄養成分を取るのも効果的に作用します。オメガ3系脂肪酸は健康に良い油として、適度に体に取り入れるのが理想です。

サプリメントには、EPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)、亜麻仁油(フラックスシードオイル)、フィッシュオイルなどがあります。

また、くるみやアーモンドにも含まれますので、こまめに口にするのもおススメです。

亜鉛

亜鉛は添加物やアルコールなどの分解で多く消費され、ミネラルの吸収を妨げる物と一緒に食べることで体外に出てしまいます。牡蠣などは海のミネラルと呼ばれるほど亜鉛の配合が多くなっているので、積極的に食べたい食材の一つ。

不足分をサプリメントで摂取する場合は、1日当たりの上限値である15mg(厚生労働省の推奨値)を上回らないように注意が必要しましょう。

マルチビタミン

ビタミン類は様々な種類がお互いに作用することで、本来の力を発揮することが多くあるので、総合的に摂取する必要があります。トータルでビタミンをバランスよく取るにはマルチビタミンなどのサプリメントが簡単です。

その上で、自分の生活スタイルによって不足していると感じる成分を追加するなどの補給をすれば、ビタミンバランスをうまく保つことができます。

タバコを吸う人は、ビタミンCが多く使われてしまいます。こんな場合にはビタミンCを

マルチビタミンに追加して摂取すると補うことができます。

しかし、基本的にはバランスの良い食事で摂取するのが一番ですから、このようなサプリメントでの補給だけを頼りにしてしまうことなく、あくまでも足りない部分の補充であることに気を付けてください。

【乾燥肌改善方法その5】生活習慣

しっかりと睡眠をとる

肌に大切な睡眠が乱れていることで、乾燥が進むことも多くみられます。

睡眠によって肌のターンオーバーが正しく機能し、細胞間脂質が生産されます。この細胞間脂質は、セラミドを含んでいて肌の保湿にとても大きく機能しています。

ターンオーバーが乱れると、角質層細胞間脂質が少なくなり、乾燥が進みます。

肌のターンオーバーが常に周期をもって活動できるのは、成長ホルモンの働きによりますが、この成長ホルモンは睡眠中に多く分泌されるホルモンです。そのために睡眠不足や、不規則な睡眠を長く続けると、成長ホルモンの分泌が減少し、安定した状態を保てなくなります。

ターンオーバーが遅れると、角質層にあるセラミド等の水分保持の役割を持つ保湿成分が減ってしまうので、乾燥が進んだり肌の状態が悪くなることに繋がります。

結果として、お肌のターンオーバーが遅れがちになります。

そのため、睡眠不足によってターンオーバーが乱れると、角質層内のセラミドなどの水分を保持する役割を担っている成分の生成量を減らしてしまうことになりますので、しっかりと睡眠をとるようにしましょう。

適度に運動する

肌の健康を保つためには、血の巡りをよくすることも重要です。血行が良くなると、体の隅々まで栄養素が届けられます。

また、代謝が上がることで体の働きが活発になり、古くなった細胞を新しくする機能が働きます。このようなことから、肌のターンオーバーも活発に働くことに繋がります。

適度な運動をすることで汗をかき、血行の促進と汗腺への刺激、皮脂が汗によって肌を覆うことによる自然のバリア機能などが、肌の働きを活発化させ、乾燥から守ってくれます。

軽いストレッチやヨガなどで軽く運動することは乾燥肌対策にもおススメです。

正しく入浴する

一見しっとりする空間に思える「お風呂場」ですが、間違った認識を持っていると、肌にはとても刺激が出てしまうことにもなるので注意が必要です。

入浴方法を一度考え直すと、乾燥が軽減されるかもしれません。皮膚の保湿成分のセラミドなどの細胞間脂質は、42度以上のお湯で流れ出てしまうのです。特に乾燥を感じている肌の場合には、42度になっていないお湯でも保湿因子が溶けてしまうことも。

長時間の入浴は、皮膚のふやけで一層潤い成分が流出するので、高温の入浴は避け、短時間で済ませるようにしましょう。

ナイロンタオルなどで擦るのも、乾燥肌の人は避けた方がいいでしょう。泡で洗うタイプのボディソープや低刺激なもので対策を。また、真っ新なお湯も刺激が強いので、肌の当たりの良い入浴剤などを使うと刺激が少なくなります。

刺激の少ない衣服や寝具を選ぶ

衣類の種類のよっては肌の感想を進めてしまいます。ウールのセーターなどで肌への摩擦が大きく、なりかゆみを引き起こして掻いてしまうなどの経験はありませんか。それが角質層を傷つけてはがしてしまう原因になっています。

乾燥が気になる時には、直接そういった衣類が肌に触れないように気を付けましょう。化学繊維の衣類などを着る場合には、綿のTシャツや下着を着るなどの工夫をしてみてください。

肌の中でも顔が触れることが多い枕カバーや寝具なども、摩擦で刺激を与えていることがあります。出来るだけ摩擦や刺激の少ない綿のものを選ぶと、乾燥による肌の悩みを軽減できるかもしれません。

毎日の積み重ねが「うるおい肌」を作る

乾燥はかゆみや赤みなど、肌の悩みを大きくしてしまう症状です。潤いのある肌を作り出すためにも、食べ物や生活環境など色々な要素を見直す必要が出てきます。

どの対策もすぐに結果を出せるものではなく、じっくりと時間をかけて様子を見ながら改善していかないといけません。

しかし、乾燥による肌の環境は毎日の取り組みで必ず良い結果が出てくるはずです。少しのコツで乾燥から肌を守り、水分をたっぷり含んだ潤い肌をめざしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です